<   2007年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

嵐の先へ突っ走れ! Taruphology Tour TOKYO (前編)


★ 「Taruphology Tour」東京公演
2007年10月27日(土)
開場 18:30 開演 19:00〜
 出演:あがた森魚(Vo., A.G.)武川雅寛(Vn.)
   高橋佳作(Key., Acco.)五十川清(Per.)
   田口昌由(B.)    
    チンチョルズ:松延耕資(Sax, Cl.)、
    木村仁哉(Tuba)、舩坂綾乃(Per.)
ゲスト:久保田麻琴、鈴木慶一、光永巌(Vo., E.G.)
at 東京キネマ倶楽部(鴬谷)


折しも台風接近中だった。突風と大雨で最寄り駅につく頃には全身びしょ濡れ、首都圏の交通は大幅に乱れている。しかし「Taruphology Tour」が行われる「東京キネマ倶楽部」に向うのに、躊躇する理由はカケラもない。胸に交差する緊張とあふれる期待。烈しい雨がたたく車窓に、都会のビル群が移ろっていく。
    
今夜は田口にとって"特別な夜"になる。鈴木慶一や武川雅寛が在籍するムーンライダーズは、高校時代からの憧れだった。カリスマプロデューサーの久保田麻琴の名は、聞くだけでビビった。そして活動35周年を迎えるあがた森魚。そんな大御所と同じステージに立つ自分。夏にはフライヤーに載った自分の名を他人事のように「凄い」と眺めた。しかし「幸せ過ぎる幸せ」を現実的に叶えるには、想像以上に高い壁を乗り越えねばならなかった。

                 * *

アルバム「タルホロジー」発売前の夏より、田口は音源から担当のベース音を取り始める。いっぽう、ミーティングで久保田麻琴と同席する度、緊張感が高まっていた。田口は遠慮がちだった。「久保田さんは話してみると、フレンドリーでとてもウェルカムな人。何でも気兼ねなく提案してよ、なんて言うんだ。でも独学の俺が何を言える? だって”久保田麻琴”だぜ!? 」…

10月に入り、久保田麻琴は田口にこんな事を言った。
「今度のライヴは『タルホロジー』のアレンジ通りにやりたいんだ。『百合コレクション』『サブマリン』『骨』といった曲も同様。今までやってきたライヴ演奏は忘れて、最初から音を取り直してね」…言葉は柔らかくても、久保田麻琴の音に対する厳しさとこだわりは半端ではない。”徹底的に音のクオリティを追及するライヴ”になる! 田口は大ステージの予感に武者震いした。

2007年10月号の「ミュージックマガジン」には「タルホロジー」に関する、こんな記事が掲載されている。

「(略)これは二人が(久保田とあがた)が、ノルデスチ(ブラジル北東部)の音楽に取り組んだアルバムではない。アメリカ南部の田舎の音楽、ニューオーリンズR&B、メキシコの音楽、インドネシア/マレーシア音楽、東欧のロマ音楽、地中海各地の音楽、ハワイアン、エレクトロニックなダンスミュージックなど、久保田麻琴は広範な知識を動員し、この上なく重層的な演奏を作り上げている」

「タルホロジー」は、多彩な楽器が重なり合うワールドワイドな久保田ワールド。田口は音源を何度も繰り返し聴き直すものの、複雑で曖昧な音の表現に迷い、その課題に頭を抱えた。

間もなくリハーサルが始まる。総勢10名以上の参加者。コード譜でなくては…という人もいる。五線譜での譜面も必要だった。一つ一つの楽曲の構成を考え、久保田麻琴と相談し修正、またバランスを取り、組み立てる日々。夜半に田口からの電話が鳴る。プレッシャーとナーバスを抱えた声。「ごめん、歌詞を書き起こしてくれないかな…?」 すぐに歌詞カードを入力、音源と照らし合わせ、何度でも譜面創りを手伝う。

田口はもう躊躇しなかった。提案し、自ら動いた。あがた森魚へも「35年築いたスタイルとは違う形での挑戦、同じ"歌うたい"として、やりづらい気持ちも解るんだ」…最大限のサポートを試みた。何よりも"最高のステージ"を創りたかった。

公演まで一週間を切り、合同リハーサルの日々へ。混沌とする周囲との確認作業。あがた邸でのふたりでのリハ、生活のためのバイトにも通わなくてはならない。田口はベースだけではなく、ギターもかなりの曲数を担当する。自身の個人練習を行う時間が「圧倒的に足りない」。通勤途中の電車では、音源を聴くだけのイメージトレーニングで不安な気持を補う。睡眠時間は3時間を切っていた。
「確かに素晴らしい経験かもしれない。だけど本当に俺はできるのか?…」


雨脚と風が強まる中、”その時”がやって来た。
嵐の先に、幻の月が輝き始める。


(続く)




※久保田麻琴

「裸のラリーズ」「夕焼け楽団」「サンセッツ」を経て、90年より音楽プロデューサーへ転身。世界中を旅しながらヨーロッパや豪州、中南米、東南アジアの音を操り、数々のアルバムで類い希な手腕を発揮している。"音の錬金術師"と呼ばれるように、音楽関係者からも尊敬と憧れを一心に集める存在だ。

※鈴木慶一

1970年代より、ムーンライダーズ(Moonriders)の中心人物として、日本のロックシーンに影響を与え続ける大御所中の大御所。映画音楽でも北野武監督の『座頭市』(2003年公開)で第36回シッチェス・カタロニア国際映画祭(スペイン)で最優秀音楽賞を受賞している。あがた森魚との関わりは30年以上。



c0140441_1823848.jpg

[PR]
by Mahiru1226 | 2007-10-31 18:17

変わるもの、変わらないもの


★『月刊『もっちょむ』9月集壕』
  〜あがた森魚月刊映画上映会〜
 2007年 9月28日(金)
 『もっちょむうすけしぱあぷるへいず8月號』
 上映開始 19:00〜 上映後、トーク&ミニライヴ
 at  Space neo(神田小川町)


「もっちょむ」はあがた森魚が撮影した日記映像を映像作家・岡本和樹監督が編集した月刊映画だ(岡本さんが制作から離れ、現時点では「だった…」という過去形になってしまうが)。個人的には3回目の鑑賞だが、それにしても、毎回、無防備すぎるプライベート映像だ。カリスマシンガーとしてのあがた森魚の表現・発信、音楽というよりも、人間あがた森魚のコミュニケーションの純粋性、少年の我侭や無邪気、不器用な熱、それゆえの「生き難さ」が際立ち、ある種の痛々しさを感じる時がある。それは、どうしようもない恋人の日常を溜め息をつきながら、抱きしめる感覚に少し似ている。時には辟易しつつも、愛さずには居られない。

あがた森魚の映画ゆえ、「もっちょむ」には、当然田口の出演シーンも多い。ライブはもちろん、打ち合わせシーンなどでも田口は目立つ(7月號の打ち上げシーン、あがたさんとのツーショット〜酔っぱらい田口は圧巻だった (笑))。普段は極めて穏やかな田口であるが、芯の強さも人一倍。あがたさんとも対人間として、常に真っ向勝負を行ってきたからこそ、長年の熱のこもったライヴへと結ぶのだ。

「もっちょむ」は、2007年現在では、ほぼリアルタイムの感覚であるけれど、これが10年、20年…30年と経った後は、また違う感慨をもたらす「記録」に変わる筈だ。時代が移ろい、映画が更なる光を放つ頃、田口はどんなミュージシャンになっているのだろう。

上映後はミニライヴ、出演は田口とびん博士、あがたさんは東北遠征のために不在である。連絡の行き違いで、当日現場で「自分がソロで歌うこと」を知った田口。「今日着ているのは300円で買ったシャツなんです」なんて、余計なことをお客さんの前で言いながら、その心中は…。

披露したのは「バス停は雨模様」。いつも思うのは、田口が本当に本番に強い男だということ。以前貰った音源は4年以上前のものだったせいか、印象がまったく違う。声質や声量、安定感…確実に「成長」している!

さらに博士が歌う一曲に合わせる。曲目は博士が入院中に作ったという「片思いの夜の森のカーニバル」。急な話で、たった一日の練習で本番に挑む田口。博士の幻想的な世界観にふさわしい難しいアレンジ。しかし、心配は感動へ変わる。やわらかな博士の歌声、重ねられる2本のギター、一部コーラスで失敗した部分もあったが、二人が奏でる愛と癒しの波動は、余りあってそれを補う。

いい夜だ。気持ちが高揚し、幸せを感じる歌だ。音楽も歌もバンドも愛がすべてだ! 愛がないところに、感動はない! 愛なき表現者などいらない! 素晴らしい共有の喜びにただ泣きたくなる。

c0140441_16155557.jpg

[PR]
by mahiru1226 | 2007-10-26 12:09

熱★烈★インストアライヴ


★「『タルホロジー』発売記念 
  35周年あがた森魚スペシャルライヴ」
 2007年 9月24日(祝) 14時〜
 at 横浜高島屋 6F特設ステージ

 ★「あがた森魚35周年 
  『タルホロジー』発売記念インストアライヴ」
 2007年 9月24日(祝)16時〜
 at 新星堂横浜ジョイナス店


今日の横浜のライヴはダブルイベント。いわゆるライヴ会場ではないところの、無料インストアライヴ。つまりは通りすがりの一期一会のお客さんに、新譜CD「taruphology」の告知を兼ねて、アルバム内外の何曲かをセレクトして聴かせるというもの。むろん音響設備は完璧ではない。沢山の観客がいるものの、多くはあがたさんの曲をよくは知らない。そんな悪条件、短期決戦の中、やはりあがた森魚と田口昌由は「魅せる」ライヴをやらかしてくれる。

14:00.高島屋の現場。汗っかきの田口、ライブが始まるやいなや滝のような汗。袖で顔を拭き、途中で耐えきれず、舞台裏でジャケットを脱ぐ。その姿が可笑しくも心配だ(田口、タオルを持参しようよ!)。それに対して、あがたさんの涼し気な顔。その対比は動く漫画だ…。

そんな事件(?)はまるで気にせず、惹き込まれていく観客。「佐藤敬子先生はザンコクな人ですけど」…田口のコーラスは主張がある。主張がある、というより、むしろツインボーカルの印象。異色なふたり、しかし、この絶妙なコンビネーションは絶対無二。感じる心地よさが答えの総てだ。 

午後16:00からは新星堂インストアライブ。お客さんのノリもよく、タルホロジーからの「sexi sexi」や「百合コレクション」では、怒濤のような歓声が沸き上がった。狭いステージで縦横無尽に飛び跳ねるあがたさん。気遣いを重ねながら、きっちり盛り上げていく田口。笑顔で「帰りたくなーい!!」と叫ぶあがたさん。田口のギターが応えて吠える。観客ひとりひとりが、いま瞬間の共有に胸を躍らせている。10人だろうが、100人だろうが、1000人だろうが、ふたりは同じ演奏をするだろう、その「熱」が彼らを繋ぐのだ!

それにしても、やっぱり田口は「歌うたい」だ。
東京ソロライヴ開催への憶いが募る。

c0140441_15371889.jpg

[PR]
by mahiru1226 | 2007-10-26 12:03

鏡の先の天国


★「寒空はだかカラフルロスタイムショーVOL.6」
  WITH あがた森魚&清水ミチコ」
 出演:あがた森魚 清水ミチコ 
    寒空はだか MICABOX feat.AyakoTakato
 2007年 9月23日(日) 19:00〜 
at  SUPER DELUXE(六本木)



雨模様の日曜日。六本木ヒルズ近くの「SUPER DELUXE」へ。人波をかき分け、ようやく席を見つける。300人は入っているだろうか、会場は満員御礼、立錐の余地もない。ざわめきと熱気、期待の渦の中、ライヴが始まった。

本番を待つ孤独な緊張をどう消化し、ステージにあがるか---。寒空はだかさんのトークと清水ミチコさんの物まねが終了し、あがたさんが登場、ステージで歌い始めた。「港のロキシー」「冬のサナトリウム」…「サルビアの花」を歌い上げる頃、観客の後ろ、出番を待つ田口のシルエットを見つけた。舞台の様子を観ながら、右へ左に移動し、どうにも落ち着かない様子。「赤色エレジー」が始まる頃には、トイレに逃げ込んでしまった。

清水ミチコさんの、ライヴ後のブログには「本番が近づくにつれ、それぞれが個人の世界にふと入って行くようなシーンとする時間がやってきます」と書かれている。余裕たっぷりにピアノと物まねを披露したベテランの彼女でも、独特の張りつめた空気は耐え難いのだ。ブログはさらにその夜の楽屋、あがたさんの言葉を紹介していた。「(ステージへあがる前は)この世との別れに近い。天国の日もあるけれど、地獄に落ちる夜もあるからね」…今年活動35周年になるあがたさんでもこの心境なのだ。では、大先輩たちと同じステージにあがる田口の心境は…?

「佐藤敬子先生はザンコクな人ですけど」…ようやく戻ってきた田口がステージにあがる。ストラップを肩にかけ、覚悟を決めたその男は、もう別人なのだろう。強いライトと会場の600の視線を浴びながら、落ち着いた表情で顔をあげた。

新譜「タルホロジー」にも収録された「いとこ同士」。田口は以前はピアノアレンジだったこの曲を、ギター1本にアレンジしている。情感溢れるギター(田口はギターでも歌うのだ)、コーラスの呼吸もぴったり。あがたさんの顔が心なしか緩んだ。さらに清水ミチコさんも一緒に演奏をする「パールデコレーションの庭」、そして田口がベースを演奏する「大寒町」へ…

アンコールは出演者全員、会場も一体となった「BE MY BABY」。盛り上がる中、田口のコーラスも聴こえてくる。会場中笑顔が溢れていた。何という楽しさなのか。あがたさんが言う「天国と地獄」があるならば、このライヴでは間違いなく、居合わせた全員が「天国」を共有したのだ。

田口はあの時、トイレで独り、鏡を見つめていたという。「頑張れ、田口!」全身に気合いをいれ、扉を開け、光溢れるステージへ歩んだのだ。

c0140441_16243637.jpg

[PR]
by mahiru1226 | 2007-10-26 12:02

星の道標


★ ザ・スズナリ×下北沢商業者協議会「SHIMOKITA VOICE」
 「SHIMOKITA ART LIVE」
 出演:志田歩、曽我部恵一、あがた森魚
 2007年 8月13日(日) 19:30〜 
at 下北沢ザ・スズナリ(下北沢)


七月の「もっちょむ」をきっかけに、田口と親しくなっていた。気温はジリジリと上昇、東京の”異常な暑さ”に道産子の田口は参っている。「東京は暑い」「部屋が暑い」「外が暑い」「駅が暑い」「道が暑い」「ともかく暑い」(わかった、わかった)。居酒屋でビールや焼酎をあおり、音楽のこと、これまでのこと、これからのこと、映画や政治、本やアート…取り留めなく話す。田口は人並み以上に不器用で純粋、そして夏より熱かった。同じ話が100万回繰り返される頃は、いつも終電近く。「ぐでんぐでん信号」も点滅中だ。この男、そろそろ駅に置いて帰ろう…

                 **

そんな日々、下北沢での「SHIMOKITA ART LIVE」が近づこうとしていた。大きなステージ、あがたさんとの共演。田口は別の心配事にナーバスになっていた。北海道時代から可愛がってきた後輩、K君のことだ。K君は小さな夢を抱えて上京したものの、頼る肉親もおらず、家も職も決まらない。金も尽きて自暴自棄に陥っていた。田口は部屋に迎えたいものの、アパートの事情が許さない。心配のあまり、K君を「怒鳴ってしまった」。ひどく落ち込んでいた。

ライヴ当夜。K君は田口の付き人としてライヴ会場に入ったが、いたたまれずに楽屋を飛び出していく。K君の不在に気付き、開演直前の田口は動揺する。しかし、ステージで心の揺れは見せられない。「佐藤敬子先生はザンコクな人ですけど」「大寒町」…田口は懸命に歌い、演奏を続けた。特にラスト、あがた森魚と曽我部恵一の伴奏を独りで奏でた「たそがれる海の城」。その情感たっぷりのギターは素晴らしかった。客席脇に立っている私をスタッフだと思ったのか、女性客に声をかけられた。「今の曲、何という曲ですか?!」…会場にも心が伝わっていた。

2日後、行方不明のK君から連絡が入り、田口は胸を撫で下ろす。「田口さんの仕事があんまり凄くて…」すまなそうに呟いたK君。下北のステージは観ることはできなかったが、彼なりに眩しい星を摑まえていた。

K君は頑張りを見せ、その後新しい職に就いた。
田口もまた、K君をソロライヴに招待する日を誓い、一歩先へと踏み出した。

c0140441_16265643.jpg

[PR]
by mahiru1226 | 2007-10-26 12:01

はじめに歌ありて


★『月刊『もっちょむ』7月集壕』
  〜あがた森魚月刊映画上映会〜
 2007年 7月27日(金)
 『もっちょむうすけしぱあぷるへいず6月號』
 上映開始 19:00〜 上映後、トーク&ミニライヴ
 at  Space neo(神田小川町)


梅雨が終わり、夏本番へ向う夕暮れ。大通りからはずれた路地にある「Space neo」へ。初めての「あがた森魚月刊映画上映会」。立て黒板には白墨で『もっちょむうすけしぱあぷるへいず6月號』…何人かがそぞろ集まっているが、知って居る顔は誰もいない。外で煙草を吸っていると、長身長髪の男がギターケースを抱えてやってきた。もちろん視線も言葉も交わさない。ほどなく上映の案内があり、中へ入る。
                
上映後、ミニライヴがあるという。先ほどの男がギターを取り出し、前方に進んだ。チューニングをし、シャイな口調で話し始める。「えー…昨年11月に北海道から出てきました。あがたさんと演奏して10年になりますが、今夜は東京では初めてソロで歌います。最初に『僕だけの天使』、聴いてください」

一呼吸おいてギブソンが鳴った。何の期待もしてはなかった。シンプルなメロディーラインだと一瞬思った。ところが、無防備な心が突如波だつ。声量のある歌声がメロディーの波に乗った。鳥肌が立った。…これはヤバい?! 何故かパニくる。2曲目の『愛しい人へ』…身体が動かない。

片付けをしている男に近づき、声をかける。かけなくてはいけない。「感動しました」…違う。感動というより、衝撃だ。しかし男は「え!本当ですか? 」素直に喜び、頭を掻いた。

あがた森魚という存在を鍵に見えなかった光が胸に瞬く。男にライヴの日程を聞くと、意外な言葉が返ってきた。「いやぁ、東京のソロライヴはまだ未定なんです…」「え!!何故ですか? やりましょうよ」…

男の名は田口昌由。
2007、何だか熱い夏が始まりそうだ!

c0140441_1552975.jpg

[PR]
by mahiru1226 | 2007-10-26 11:59