<   2007年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

世界は”歌”を待っている


★ あがた森魚&Otoライヴ
 〜足穂や雷蔵やマクロビオティックや〜

 2007年11月10日(土)
 開場 18:30 開演 19:00〜
 出演 :あがた森魚(Vo.、A.G.)
    Oto(A.G.)田口昌由(B.)
 at 国分寺カフェスロー(府中市)


Taruphology Tour TOKYOの後、田口は文字通り西へ駆け抜けた。演奏のみならず、メンバーを乗せてのツアードライバー…名古屋、大阪公演では新しいグルーヴをバンドと共有した。様々な出会い、両腕に溢れそうな収穫…「いまだ自分では総括出来ない」と言う程に、激動感動の余韻は続いている。

心躍る出来事のひとつ。田口が大ファンだった元※JAGATARAのOtoが、ステージ後に声をかけてくれたのだ。「田口君、今度一緒にライヴをやらない?」…尊敬してやまない「日本有数のミュージシャン」からの直々の誘い。よほど嬉しかったのだろう、その顛末を何度となく聴かされる。

10日後。早々にその夜がやってきた。「足穂や雷蔵や※マクロビオティックや」と題されたライヴ&トーク、場所は東京郊外のカフェスロー。2002年夏、Otoは9.11同時テロをきっかけに、日々の暮らしや音楽の発信を考え直している。地球環境が急激に劣化する中”「※サスティナブル・リビング”(持続可能な世界)」に向け、音楽を通じての発信スタンスを整えたいと、食を始め、様々な環境活動に取り組み、サスティナのメッカと言われるこの国分寺に拠点を移したという。

19:00前会場入。広々とレイアウトされた店内は、樹と土の香りが似合う気持のいい空間だ。貝殻やビーチグラスがあしらわれた白壁、棚にはフェアトレード製品やスロー系の書籍やCDが並び、お客さんも赤ちゃんを抱いた夫婦、年配の老夫婦などいつものライヴとは少し違う雰囲気。コーヒーやワインを手にくつろいでいる。開始前、ステージ前のモニターに自然農法の創始者である※福岡正信とあがた森魚が語りあう映像が映され(「もっちょむ2007.2月號」より)、あがた森魚とOtoが登場、第一部のトークへ。

あがたさんとマクロビオティックの関係は、60年代に遡る。助産婦だった母親※山縣良江の影響から若き日のあがたさんは、※桜沢如一の著作をよく読み、マクロビオティックを早期から意識していた。「稲垣足穂が親父なら、桜沢如一は親戚の叔父さんみたいなもの」…あがたさんが足穂や宮沢賢治のほか、如一にも影響を受けていたと初めて知る。とはいえ「でも俺は食についての固執は嫌だし、時には毒のあるものにも惹かれるんだ」…悪戯っぽく笑うあがたさんも何だか好ましい。

Otoさんの解説は決して押し付けることなく柔かい。ともすれば宗教的に見られがちなマクロビオティックの思想を、笑いを交え、”哲学”としてさりげなく進めるふたり。空気感がナチュラルなので「人と人、自然との気持ちの良い共存」を考えながらも肩の力が抜ける印象。気持よい余韻でトーク終了。

第二部はいよいよライヴ、ベースを抱えた田口が登場。フラットなステージに並ぶ男3人がカッコいい。「港のロキシー」が始まり、甦る夏の終わりの情景。店の空気が一変したのは、やはり歌の力だ。続いて「くるりくるり」。Otoさんと田口のコーラスが波に乗り始めた。♪Kukukukukukuつむじ風 Kukukukuku……もう居ない! ♪ 気持よくキマった!

タルホロジーからの「白い翼」。前夜一度のリハーサルとは思えない、伸びやかな演奏で会場を惹き付けるOtoさん。さらにあがたさんが、ピアノの前で鍵盤を奏でながらのMCで「愛しの第 六惑星」。晩秋にふさわしく、美しいメロディをゆっくりと歌い上げる。

田口のリズムベースでタルホロジーからの「骨」が始まった。ツアーアレンジとは違う、弦をミュートしながらのベースイントロ、「Bone bone…」低い声からユニゾンのコーラスへの展開が楽しい。さらに、Otoさんとあがたさんが90年代に組んだバンド「雷蔵」からの「月食 」へ。初めて聴く綺麗な曲。印象的なコーラスリフレインから、音の波動がさざ波のように伝わっていく。この辺りにくると比較的おとなしかった会場もテーブル席でカウンターで、手で、肩で、足で、皆リズムに揺れている…

そして、最高の盛り上がりとなった「SexiSexi」。田口は小人数での構成ということで、タルホロジーツアーとは異なる華やかなベースラインを選んだ。東京・名古屋・大阪とツアーをこなした自信が余裕に変わる。アラビックな曲調を自在に再現、見事なテクニックを披露。

アンコールは「あともう一回だけ」。何度聴いても魅力的な曲だが、あがたさんは決して毎回同じには歌わない。呼吸、タイミング、アレンジ…聴く方は嬉しいが、合わせる側はさぞや難しいだろう。しかしさすがの2人だ。Otoさんがギターで田口に問いかける。田口が全身でうなずく、あがたさんが2人を見る。3人のアクションと呼吸がぴたりと重なる。

お客さんが満足そうな笑顔で帰路につく頃、あがた森魚とOto、田口は楽器ケースを抱え、店向いのバス停に並んでいた。「正直、マクロビオティックはよく知らなかった」…照れながらカミングアウトした田口も「音楽を通じて出来ることは、想像以上に大きい」その可能性をよく知っている。「音楽がなくても誰も死にはしない。だけど、音楽がなければこの世は無だ」…あがた森魚が「キットキット!!遠く遠く!!」に込めた命のメッセージ。田口もまた9.11の後、「風アル日」という曲を書かずに居られなかった男なのだ。

田口やOto さんが目指す方向、あがたさんが歩む方向。表現やスタイルが重なり合う時も重なり合わない時も、その根底には同じ"水" が流れている。大切なことは歌に託せばいい……雨に煙る国分寺街道。男たちは彼方の世界を見上げている。





※JAGATARA
1979年活動開始をしたロック・ファンクバンド。ヴォーカルの江戸アケミを中心に、当初は過激なパフォーマンスで名を馳せるが、1981年からのOtoの参加により、音楽面での飛躍的な向上に成功、1982年発売のアルバム『南蛮渡来』でその評価を確立する。1983年〜1985年の活動休止の後、1989年にメジャーデビューするも、1990年1月27日江戸の事故死でバンドは解散。現在でも不朽不滅のバンドとし、伝説を語り継がれている。

※サスティナブル
環境問題を他人事にせず、自分の身近な問題として向き合うことを提唱し、地球環境を守りながら、経済や社会を健全に発展させていこうという考え方。

※マクロビオティック
日本古来の玄米を主食、野菜や漬物や乾物などの副食を基本とし、独自の陰陽論を元に食材や調理法のバランスを考える食事法。

※福岡正信 
1913生まれ。自然農法の創始者。1988年にアジアのノーベル賞とも言われるインドの「マグサイサイ賞」を民間日本人として初受賞した。

※山縣良江
あがた森魚の実母。屋久島の大自然の中で天然村助産院を開業し、無農薬の野菜によるマクロビオティックを早くから提唱した。著書に「聖なる産声」(たま出版)

※桜沢如一
1893年生まれ。思想家・食文化研究家。マクロビオティックの提唱者。京都府の貧しい武士の家庭に生まれる。貧窮の中で職を転々とする中で病気に苦しみ、石塚左玄の「食養生」に触れ健康を回復。1929年にパリに渡り、後に東洋思想の紹介者としてヨーロッパで名を馳せる。1937年に帰国後に書いた『食物だけで病気の癒る・新食養療法』がベストセラー。戦後は世界連邦運動に取り組む傍ら、インド・アフリカ・欧米など世界各地を訪ね、マクロビオティックの普及に注力した。

カフェスロー
http://www.cafeslow.com/

c0140441_13333830.jpg

[PR]
by Mahiru1226 | 2007-11-13 13:44

少年たちの見果てぬ夢 Taruphology Tour TOKYO (後編)


★「Taruphology Tour」東京公演
2007年10月27日(土)
開場 18:30 開演 19:00〜
 出演:あがた森魚(Vo., A.G.)武川雅寛(Vn.)
   高橋佳作(Key., Acco.)五十川清(Per.)
   田口昌由(B.)    
    チンチョルズ:松延耕資(Sax, Cl.)、
    木村仁哉(Tuba)、舩坂綾乃(Per.)
ゲスト:久保田麻琴、鈴木慶一、光永巌(Vo., E.G.)
at 東京キネマ倶楽部(鴬谷)


18:00.雨は未だ止まず、傘の列が「東京キネマ倶楽部」へ続いていく。しかし会場に入ればそこは”別世界”。元はグランドキャバレーだったというホール。天井のミラーボール、2階席にはゴブラン織りの椅子、1階のステージ脇には花道と階段… 全盛の昭和30年代には洒落た大人の社交場として賑わったのだろう。”古き良き風情”が今も漂う。ステージにはすでに楽器がセッティングされ、開演を待っている。400人以上で満杯の会場。ツアーパンフを買う人、飲みものを運ぶ人。低いざわめきがレトロな天井に響いた。

19:10. 照明が落とされ、会場が静まる。舞台袖からバイオリンの武川雅寛、パーカッションの五十川清、アコーディオンの高橋佳作、そして田口が現れた。珍しく黒いスーツ姿。他の人が着席するなか、ひとりスタンディングで中央のポジションにつき、”その時”を待つ。

白いスポットライトがステージに射した。長めのコートとマフラーと帽子の独特のスタイル、あがた森魚の登場だ。大きな拍手と歓声が沸き上がる。挨拶のMCとギター、「佐藤敬子先生はザンコクな人ですけど 」…音響がいい。久保田麻琴自身が入念にチェックしたという最高のバランス。丁寧に強弱をつけた田口のコーラスがマイクに乗った。素晴らしい呼吸、ハーモニー!ステージ上の総ての音、ひとつだって聴き逃せない。

ステージに目映い光が溢れる。「山羊のミルクは獣くさい、オイラの願いは照れくさい」で会場を一気に惹き付け、あがたさんの口笛と武川さんのマンドリンの掛け合いで始まる「空飛ぶ理科教室」へ。さらにタルホロジーからの1曲目「白い翼」、アルバム未収録曲「くるりくるり」。田口のユニゾンのコーラスが◎。ここで、ゲストの光永巌が登場しての「サブマリン」、作曲者本人ならではの情感漂う「いとこ同志」をあがたさんと二人、贅沢に聞かせる。

余韻が消え、田口が爪弾くアルペジオで「リラのホテル」が始まった。あがたさんの歌に重なる武川さんのバイオリンが美しい。しかし「この曲からの繋ぎは、”俺の最大の難関”」と田口から聞いていた。曲終盤、田口の一人のギターに戻り、緊張が走る。しかし、メロディーは「リラ」の8/6拍子からの変則アレンジで4/4拍子の「骨」へ。刻まれるシャウトとリズムのなか、見事にグルーヴに乗った。

待ちかねた瞬間が導かれた。久保田麻琴と鈴木慶一の登場だ! 王者の貫禄、独特のオーラに一段と華やぐステージ。チンチョルズの金管木管に多重多層の演奏が炸裂する。行き交う七色のライトに「タルホロジーツアー」の"その時"が輝く。

全員で歌う「東京節」。2コーラス目、鈴木慶一のファンキーなボーカルは、ムーンライダーズの”あの声”だ。ステージを縦横無尽に飛び跳ねるあがたさん、かけあい、弾け、加熱するパフォーマンス。まさに至福のステージだ!久保田さんの横で、ベースを奏でる田口の勇姿が熱い!

鈴木さんと久保田さんが一度下がり、照明があがた森魚をフィーチャーする。「ハタチ」「赤色エレジー」、そして、タルホロジーからの 「弥勒」。天井のミラーボールが星屑を映す、ノスタルジックな雰囲気の中、歌い上げる35年の円熟の深み。永遠に胸に焼き付けたい。

陶酔と高揚が渦巻き止まぬ中、あっという間に時が経過してゆく。「Sexi Sexi」「百合コレクション」……アンコールは再び全員が登場しての「大寒町」。そしてあがた森魚と久保田麻琴が二人で奏でる「あともう一回だけ」…
鼓動が高なるままに、夢は幕を閉じていく。

興奮冷めやらぬ打ち上げ会場に、最高に満足そうなあがた森魚を見た。久保田麻琴がこぼれる笑顔で言うのが聴こえてきた。「皆凄いよ、何て本番に強いんだ!! こんなに素晴らしいステージが出来るなんてね!」

無邪気、純粋、グルーヴ…
あがた森魚、久保田麻琴、鈴木慶一…そして田口昌由。
音楽を通じた熱温度は、時代も世代も超え、限りなく”近似値”だと教えてくれた。
今夜、確かに田口は凄いステージを共有し、”やり遂げた”のだ。       
                                                      * *

公演後日、田口がこんな話をして笑った。
「久保田麻琴邸をリハで訪ねた帰り、ふと懐かしい感覚を憶い出したんだ。
中学時代の冬、友達の家を訪ね歩き、夢中で音楽を作った時のことだと言う。

「あの時の少年の俺、今の俺、今のあがたさん、久保田さん…同じ熱じゃないか! そう思った時、リハの迷いが消えたんだ。間違いを恐れるより、皆のグルーヴが一番大事だ! ならば全身全霊やってやろう、 音楽を楽しもう!ってね」

刻まれた夢はやがて新しく始まる夢への糧となる。この大舞台でさえ、最終目標ではなく通過点に過ぎない。「音楽」という無二の宝物を天から授かりし、"永遠少年"たち。重い扉を開けば、その先には遥かな道が続いている。



c0140441_18234438.jpg

[PR]
by Mahiru1226 | 2007-11-05 18:52