<   2008年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

大寒町の聖夜


★ クリスマスライヴ(未公表)
2007年12月23日(日)
出演:あがた森魚、田口昌由
at 茨城県 児童養護施設
開演PM6:00~


小さな駅、川沿いの工場。枯れ色の平野に現れては消える瓦の家々……あがた森魚とマネージャーのKさん、田口と私はローカル線を乗り継ぎ、狐町からの旅を続けていた。ここから先は完全なプライヴェート、夕陽が川向こうに落ちる頃、とある児童養護施設施設に到着する。保護者のいない児童、虐待を受けた児童…様々な家庭環境上の問題を抱える子供たちが、この施設で共に暮らしている。そして、今日はクリスマス会の夜だ。

あがたさんのマーティンと田口のギブソンが車から降ろされる。迎えてくれるMさんと挨拶をかわす。Mさんは、施設の指導員だ。親代わりに子供たちに接し続けてもう30年。昼夜なく子供たちとの激動の日々に向き合うなか、あがた森魚の歌を心の拠り所としていた。縁が繋がり、昨年あがた森魚がひとり歌った秘密のライヴに、今年田口はどうしても同行したかった。

二人が控え室で軽い打ち合わせをする頃、ホールに子供達が集うのをガラス越しに眺めた。窓辺に飾られた雪模様の切り紙細工。クリスマスツリー。Mさんがこんなことをいう。「子供達が突然抱きついても、驚かないでくださいね」…その意味は後になって解る。

ホールに入ると、「最初に僕たちからプレゼントがあります」前に立ったMさんが照れくさ気にギターを手にとった。子供たちを促し、ピアニカとタンバリンとの「赤色エレジー」が始まった。拙い指先で懸命に辿る鍵盤と幼い声。見つめるあがたさん、微動だもしない田口。綺麗な雫が、ゆっくりと心に沁み入っていく。

紹介を受け、子供たちの前に立つ田口とあがたさん。一本のマイクの他、音響は何もない。田口のギターは完全なアンプラグドだ。選んだ曲は「くるりくるりと」。2本のギターの生音が掛け合い、最初のつむじ風が吹き抜けた。メロディーに乗って、話しかけるように誘いかけるように歌うあがたさん。「みんなおいでよ。踊っても歌ってもいいんだよ」

幼い子供たちが立ち上がる。あがたさんと田口の足元に歩み寄り、踊り始める。長身をかがめ、ギターで話しかける田口。飛び跳ねる子供たちに笑顔が弾けた。抱きついてくる少女がいた。溢れる喜び。「愛しさ」と「親しみ」を少女は全身で表現したのだ。

輝け星よ、月よりも……暖かな部屋からこぼれ、凍れる夜空を彩る音符のイルミネーション。それにしても、あがたさんと田口はなんと優しい顔をするのだろう。

小さなライヴが終わり、どっと子供達があがたさんと田口に押し寄せた。ねえ、握手をして!と小学生。ギターを教えてください…と中学生たち。凄いね、音楽って! 音楽って楽しいよ!言葉で表せない共鳴。迷わず子供たちの手をとる田口。

ギターを教える束の間の時間、田口は鮮明に思い出していた。そうだ、音楽が今まで自分をどれほど支えてきたか。音楽が自分にどんな可能性をひらいてくれたか。君に曲作りを教えたい。音を合わせる楽しさを教えたい。何度でも繰り返し、君に会いたい。持っているすべてを教えてあげたい。君たちと宝物を共有したい!……

聖夜に冬の星座が瞬く。クリスマスプレゼントをそれぞれの胸に仕舞いこむ。子供たちは暖かい夢を観て、新しい日常へ戻っていく。田口は”今年いちばんのライヴ”を手に、東京へ戻っていく。旅は終わった訳ではない。胸に溢れて止まない楽しい「企み」。「また必ず来るよ。それまで俺も頑張るからね!」……
物語は、最初のページをめくったばかりだ。


c0140441_3132679.jpg

[PR]
by Mahiru1226 | 2008-03-24 03:26

狐町の夜会にて


★ことば、うた、紡ぐ人々 あがた森魚を中心として—

2007年12月22日(土)
出演:あがた森魚、中川五郎、よしだよしこ、鈴木亜紀、
武川雅寛(Vn.)高橋佳作(Pf.)光永巌(G.)田口昌由(Ba,A,G)他
at 群馬県みどり市 ながめ余興場



間もなく2007年のクリスマス。「群馬県みどり市でのライヴは、その後温泉にも入れるらしい…」そんな噂を聞いて、びん博士夫妻と待ち合わせ、1泊2日の音楽行脚へ。電車で約二時間、車窓の風景がひなびた街並みに変わっていく。田口は一足先に会場入り、リハに忙しい頃だ。

目的駅に到着、街道を歩き、やっと見つけた喫茶店に入る。廊下には山とつまれた生活道具。カウンターに並ぶお酒。夜は恐らくスナックになるのだ。カウンター越しにチラと目をやる化粧の濃い女主人。「旅芸人の方ですか?」…言葉に詰まる博士。「いや、まあ…ええ…」「ほら!やっぱり!そうだと思った!」

会場となる、ながめ余興場へタクシーで移動する。ながめ余興場は、昭和12年に竣工した木造二階建ての劇場だ。建物正面の中央に唐破風をあしらえた入場口は、かの「千と千尋の神隠し」の湯屋を彷彿とさせる風情。桟敷席や花道、内部には人が手で回す「回り舞台」など、沢山の秘密が備えられている。田口はバンドメンバーと打ち合わせ中、畳敷きの楽屋は、大人数が出入りし賑やかだ。

やがて陽もとっぷりと落ち、開演を告げる拍子木の音が響いた。提灯が吊るされた舞台では、よしだよしこ、中川五郎、鈴木亜紀の歌と演奏が続いていく。板張り床の上にゴザを敷いた桟敷席は、床暖房が熱気と重なり、背中が暑いほど。裕に2時間がたち、休憩へ。背負子の饅頭売りが現れ、声を張り上げている。

ようやく、あがた森魚と武川雅寛、高橋佳作、光永巌、そして田口が登場。すでに午後9時を回っていた。1曲目は「蒲田行進曲」。会場が湧いた。ところが、演奏が始まってすぐに、バンドメンバーに微かな異変が読み取れた。立ち上がり、誰かに指示を囁く武川さん。険しい表情の光永さん。ポーカーフェイスを保とうとするが、表情の堅い田口。

それはほんの微かな変化だった。200名は入っている会場の大方は、恐らくトラブルには気付いてはいない。しかし、実際のステージは「モニターが聴こえない」という修羅場に見舞われていた(後に田口の「耳を塞いで演奏したと同じ怖さがあった」の言葉を聞く)。笑顔を保ち、歌いつづけるあがた森魚。出来うる最高を模索する片翼のプロたち。ハーモニーは美しく、共鳴し続ける…

午後22時を回り、舞台が終焉した。大満足の観客たちが帰路につき、22:30、会場から国民宿舎へ移動する。スタッフ、出演者、遠方からの泊まり客…皆、一台のマイクロバスに乗り込んだ。外は暗い森なのだろう。疲れ果てて眠る、音のない車内。やがて、曲がりくねった道の彼方に灯りが見えた。

午後23:30 国民宿舎の打上げ会場へ。出演者と主催者が一堂に会し、ほっとひと息。ほどよく酔いが回る頃、高橋佳作さんが、凍えるような外に出て、2台のアコーディオンを持ってきてくださった。「何でもいいから弾いてみて? 合わせるよ」。思いがけない提案をきっかけに、不思議なセッションが始まった。

まず、びん博士がブルース、ロックンロールを始める。ギブソンが運ばれる。田口も歌い出す。2台のアコーディオンで「月」が始まる。遠巻きだった出演者たちが立ち上がって、リズムをとる。「ヴァイオリン持ってくる!」飛び出していく武川さん。あがたさんはよしだよしこさんとダンスステップを踏んでいる。

ステージで足りなかった想いが溢れて弾ける。思いつく限りのメロディーを奏でる音の民たち。深夜1時を回っても終わらない、終われない、終わりたくない!
武川さんが静かに「くれない埠頭」を歌い始める…


翌朝、幻の夜会は夢に葬られる。あるものはすでに東京へ、あるものは群馬へ残り、あるものはその先の旅へ…。郷愁に振り返る町に、乾いた風が吹き抜ける。
それにしてもここは最初から、狐町のような舞台だったではないか。






演奏曲

 蒲田行進曲
 冬のサナトリウム〜サルビアの花
 春の嵐の夜の手品師
 いとこ同士
 白い翼
 サブマリン
 Sexi Sexi
 赤色エレジー
 佐藤敬子先生はザンコクな人ですけど
 百合コレクション
 大寒町



c0140441_20425790.jpg

[PR]
by Mahiru1226 | 2008-03-06 21:03