月と願いごと



★神楽坂・DIMENSIONスペシャル!
DIMENSION 10th ANNIVERSARY
「しぇるたぁいんざこおらる クリスマススペシャル」
〜35周年と10周年が交わる夜〜

2007年12月19日(水)
open19:30 start20:00
出演:あがた森魚、真黒毛ぼっくす
at DIMENSION(神楽坂)


★『月刊『もっちょむ』12月集壕』〜あがた森魚月刊映画上映会〜

2007年12月21日(金)
開場 18:00 上映開始 19:00〜
『もっちょむうすけしぱあぷるへいず11月號』
at space neo(小川町)



切り絵の高層ビルの隙間、やたらとファンタジーな満月が浮かんでいた。「ほら」と指差すと、田口は口をぽかんと開け、いつまでも空を見上げている。雲の上のミュージシャンとの心躍る共演のいっぽう、アパートでギター弾けば、住人から即刻、騒音の苦情。夢と現実の狭間で「俺はこの街に自分の歌を歌いに来たんだろ。ソロライヴはどうしたんだ!」自らの頬を両手で叩く。

「東京で月を観たのは、初めてかもしれない」と呟き、その後、田口は「月」というシンプルな一曲を創った。そして、私に「アコーディオンを弾いてみないか?」そんな風に促した。子供の時から10年やっていたアコーディオン。難易度の高い楽曲の「暗譜作業」に挫折し、押し入れに眠る楽器の話を、田口は覚えていた。

ある日、田口と楽器を合わせた。譜面らしい譜面はない。コードもよく解らない。指も勘を取り戻せない。しかし、田口が導く度に共鳴し、生まれてくる新しいハーモニー。あれこれアレンジを考える度、嬉しくて胸が高鳴り始める。田口が言う。「な、音楽は楽しくなくちゃな。感動して、初めていい音楽に出会えるんだ。音楽って溢れるものだよな」

2007年12月19日。田口はあがた森魚のライヴの前座で「月」を歌った。アンサンブルを想定したこの曲は、ギター1本、ソロで歌うには厳しい曲だ。田口は懸命に歌ったものの「何かが足りなかった」と落胆し、翌日電話をかけてきた。翌21日は、あがた森魚月刊映画上映会後のミニライヴ。「あの曲をやっぱり、アコーディオンと合わせたい」というのだ。無理だと思った。あがた森魚の公式イベントだ。アマチュアが演奏をすれば、田口は意義が厳しく問われる筈だ。断り続ける。しかし、田口は繰り返す。「失敗してもいい。厳しい評価をされても構わない。あの曲は一緒に創り出したんだ、一緒に演奏しなくちゃ嘘だろ。表現とは何だろう? 常識や守りに囚われ、いちばんやりたいことに目を瞑るなんて、音楽の死だろ?」

12月21日。重い楽器を運び、会場に向った。映画とトークセッションが終了し、演奏を促される。覚悟は決めていたものの、目眩のしそうな緊張が走る。何よりも、絶対に、田口に恥をかかせたくない……。客席とステージの間に横たわる国境の向こうに、小さな椅子があった。

丁寧なギターイントロが始まった。高鳴る鼓動のなか、田口の呼吸に合わせて、鍵盤を辿る。不安定を力強く導く田口の歌声。欠けた月が満ちてゆく。ギターに重なり、微笑むアコーディオンの音色。音楽とはこんなに美しく、心震えるものなのか、生きるとはこういう瞬間なのか。熱、想い、誰かに伝えたい情感が溢れ出していく。

大切なものを、それぞれ手にした夜だった。私は再びアコーディオンを愛し始め、田口はソロライヴへ向け、大きなワンステップを踏んでいった。






月〜 Moon Light serenade 

こんな綺麗な月は ひさしぶりに観ました
千鳥足の 僕は そっとあなたに話します
夜空にまばたいて 透き通るような 月が
僕らを 照らしてる

そんな綺麗な月が 僕に話しかけます
君の夢のつづきを きっとかなえてあげます
夜空に張り付いて 透き通るような 月が
僕らを 照らしてる……



c0140441_0382445.jpg

[PR]
# by Mahiru1226 | 2008-02-29 00:53